Recent Posts

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サメに腕を食いちぎられた男性、ヒルを使った手術で再接着に成功

shark 1
豪シドニー(Sydney)郊外のボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)で、サーフボードに座る男性(2009年2月13日撮影。資料写真)。(c)AFP/Greg WOOD








【2月25日 AFP】オーストラリアで24日、ホオジロザメに腕を食いちぎられたサーファーの男性が、ヒルを使った手術などによって腕の再接着に成功した。医師らは「小さな奇跡だ」と喜んでいる。

 手術を受けたのはGlenn Orgias(33)さん。Orgiasさんは今月12日、シドニー(Sydney)郊外のボンダイ・ビーチ(Bondi Beach)沖で、サーフィン中に体長2.5メートルのホオジロザメに襲われ、腕をほぼ食いちぎられた

 Orgiasさんはただちに病院に搬送されたが、腕は3センチメートルの皮膚でわずかにつながった状態だったという。これを見た形成外科医のケビン・ホー(Kevin Ho)医師は、腕の再接着の望みはほとんどないと思ったという。

 だが、ホー医師は、彼の健康状態や負傷後すぐに手術室に運ばれたこと、負傷の程度などから、再接着の可能性はあると判断したという。

 ホー医師によると、ヒルを使うことで、負傷した腕の血流を回復させることができたという。ホー医師は、Orgiasさんは腕の機能の一部を回復することができるだろうと期待を示した。(c)AFP






記事元 http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2575134/3853632









3センチの皮膚で繋がった状態。考えただけでもゾッとします。
その状態からの腕の最接着。医師らにとっては小さな奇跡とありますが、完全に奇跡です。

ヒルを使った手術というのは意外にも医学の世界では常識のようです。


指の切断などのときに手術後問題になるのが、うっ血(栄養する動脈からの血液は流れるが、心臓へ帰っていく静脈への血液が渋滞すること)して手術がうまくいかない事があるとのこと。
その時にヒルを手術でつなぎ併せた場所へ置いておくと、なんとヒルが貯まった血液を吸いだして、循環を良くしてくれるというのがヒルを使う理由。









ブログパーツ
関連記事
Comment
Leave your comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://slaveofskid.blog57.fc2.com/tb.php/147-91cfebac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。