Recent Posts

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たった500ドルで作った素人映画 ハリウッドが26億円提供へ

20091204001.jpg




個人的映画監督フェデリコ・アルバレス氏が、プロの監督としてデビューすることが明らかになった。その名前を誰も知らなくても当然で、個人的に500ドルほどのお金をかけて作っていた映画作品がハリウッド関係者の目に止まり、晴れてデビューとなったのだ。フェデリコ監督はウルグアイに住む普通の映像関係会社の会社員。本当に個人的に作った作品だったため、特にこの映画を売ろうとは思わなかったフェデリコ監督は『YouTube』に掲載。誰でも見られる状態にしていたところ、偶然にもハリウッド関係者が視聴したというわけである。

ハリウッドで大絶賛の彼の作品は『パニック・アタック』という作品名で、霧が深い都市部の河川敷で子供が遊んでいると、大きな橋の向こうに巨大なロボットが歩行しているのが見え、子供は興味津々とばかりにロボットのいるほうとへ走っていく。しかし、そのロボットの登場は破壊の序章でしかなかったのだ……。

そんな作品を見たハリウッド関係者は、フェデリコ監督がたった500ドルでその作品を作ったことに驚愕。十分な制作費と生活費として、住宅や自動車とともに、3000万ドル(26億5000万円)を提供したのである。つまり、「さあこれだけ用意したんだ。あとはどんな作品を作るのか才能を見せておくれ」というわけである。

第一報を伝えた『newslite.tv』によると、フェデリコ監督にはプロをも納得させることができるオリジナルストリーの原作を持っているとしており、その作品を『スパイダーマン』シリーズのサムライミ監督と一緒に作るのでは? と伝えている。監督として名高いサムライミ監督、そして新人ながら冴えた才能を持っているフェデリコ監督。二人の共同作品がどうなるのか今から楽しみだ。

Capture: newslite.tv






記事元 http://rocketnews24.com/?p=20064












才能にプロもアマも関係ないと言う事ですね。










ブログパーツ
関連記事
Comment
Leave your comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://slaveofskid.blog57.fc2.com/tb.php/188-699627aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。