Recent Posts

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鳥葬

01_20100113144354.jpg




閲覧注意












02_20100113144348.jpg





03_20100113144342.jpg





04_20100113144336.jpg





05_20100113144330.jpg





06_20100113144323.jpg





鳥葬(ちょうそう)とは、死体の処理方法或いは葬儀の行い方のひとつ。

チベット仏教にて行われるのが有名である。またパールスィーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒も鳥葬を行う。

注意日本国内で鳥葬を行うと、刑法190条の死体損壊罪で処罰される。


葬儀(別に行う場合)後に死体を郊外の荒地に運ぶ。それを裁断し断片化してハゲワシなどの鳥類に食べさせる。これは、死体を断片化する事での臭いを漂わせ、鳥類が食べやすいようにし、食べ残しがないようにする為に行うものである。

宗教上は、魂の抜け出た遺体を“天へと送り届ける”ための方法として行われており、鳥に食べさせるのはその手段に過ぎない。そのため現行の鳥葬という訳語よりは天葬、空葬などと呼ぶ方が、より本来の意義に近いと考えられる。また、多くの生命を奪うことによって生きてきた人間が、せめて死後の魂が抜け出た肉体を、他の生命のために布施しようという思想もあるといわれている。死体の処理は、鳥葬を執り行う専門の職人が行い、骨も石で細かく砕いて鳥に食べさせ、あとにはほとんど何も残らない。職人を充分雇えない貧しい人達は、水葬を行う。水葬もそのまま死体を川に流すのではなく、体が切断される。

中国の西蔵自治区当局は鳥葬は非衛生的だとして火葬を奨励していたが、2006年鳥葬について撮影や報道を禁ずる条例を公布して、伝統文化を保護することになった。チベットには約1000箇所の鳥葬用石台があるが、関係者以外による撮影や見物、及び鳥葬用石台近くの採石など開発行為も禁じた。








wikiより抜粋 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A5%E8%91%AC



関連記事
Comment
Leave your comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://slaveofskid.blog57.fc2.com/tb.php/210-acab73eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。